プロフィールムービーコメント♥超きほん3ポイント

結婚式の披露宴、

結婚パーティー、2次会、

お決まりとなっている

「プロフィールムービー」
いざ、作り始めると、

花嫁さん
花嫁さん
コメントをどう書いたら良いの?

押さえておきたい

超きほんがあれば

教えてほしい!

と新郎新婦さんの皆、

困っています。
そこで、

大丈夫!
そんなあなたのために、
これだけ押さえておけば

困らない。

超きほん、ポイント3つ。

ご紹介します!

案内役
案内役

 

 プロフィールムービーコメント これだけは押さえておこう!思考編

今からプロフィールムービーを上映します。

新郎新婦さんはどんな気持ちが湧きますか?

「ゲストの皆が、楽しんでほしい!!」と思いますよね。

「楽しんでほしい!!」を

いつも頭の片隅に入れて、

いざ実践編へ

 プロフィールムービーコメント 書き方、実践編

 

 結婚式に向かない言葉

これは、

押えておきたいですね。

「、」 「。」 といった句読点は使わない

一般的に映像には

「、」読点 「。」句点は

使いません。

「切れる」や「終わり」などを連想するためです。

「、」読点の代わりに「 」

スペースを使います。

(例)家族で行った、海水浴。

→ 家族で行った 海水浴

「重ね言葉」は使わない

「一度きり」の結婚という意味で、

繰り返したり、重ねる言葉は

使いません。

(例)またまた くれぐれ 次々 しばしば 重ねがさね 繰り返し

「マイナスの言葉」は使わない

マイナスの言葉というのは意外と難しくて、

 

(例)別れる 離れる 切れる 死ぬ 終わる

 

など見てすぐに分かる言葉もありますが、

 

(例)出る 帰る 辞める

短い 四(し) 九(く)

 

など、一見マイナスの言葉ではないような言葉も

あてはまります。

この辺は注意が必要です。

もし「マイナスの言葉」と使っていたら、

「言い換える」に

シフトしてみましょう。

(例)花びらが散る

→ 花びらが舞う

四(し) → よん

 使うとよいコメント

ゲストの笑顔が増えるヒントがありますよ♪

 面白いコメント

面白いコメントって、

全く想像つかない人に必見です。
誰でも書ける面白いコメント、教えます。

 

それは、
「新郎新婦の特長が分かる事で得意な事、自慢したい事の後に

自傷ネタで笑いを誘う」です。

 

 

これなら誰でもできそうですね。

では、簡単な例としては、
(例)趣味は、旅行
景色より食べる飲むが好きです(笑)

 

おままごとが好きだったのに
よく男の子にまちがえられました(笑)

 

ピアノ教室に通ってました
今では何も弾けず(笑)

 

ゲストにクスッと笑ってもらえるような面白いコメントは

ムービー内に

沢山入れるのではなく、
数か所入れることで、

エッセンスになります。

 ゲストとの思い出コメント

これもマスト事項です。
ゲストとの思い出写真と共に、

二人の関係性がわかるような

コメントは、

ゲストをほっこりしますね。

 

(例)
運動会での母の定番弁当

唐揚げ美味しかったな

休みの日は父とドライブ

いつもソフトクリーム買ってくれました

兄のまねばかりしてました

幼稚園、小、中、高校と同じの○○ちゃん

お祝いにはお赤飯を

たいてくれておばあちゃん

 

 感謝のコメント

ムービーのどこかに

「ありがとう」「thank you」の言葉を。

言葉は少し「盛る」と、わかりやすい

少しオーバーな位な方が

分かりやすく、

強弱をつけると

見ていて楽しいものです。

プロフィールムービーコメント 「締め」 終わりが良ければすべてよし!

「締め」の方法は2種類あります

感動的なムービーを作りたい時の締めコメント

ゲストへの感謝の言葉でしめる

二人の抱負の言葉「楽しい家庭を築きます」

楽しいムービーにを作りたい時の締めコメント

「引き続き お楽しみ下さい」

 

「では お色直しした新郎新婦の登場です」

 

 

感動のムービーを作るか、楽しいムービーを作るか、

おふたりでゴールを決めてからプロフィールムービー作りに

取りかかると
方向性がはっきりしているので、

迷いなくスムーズにいきます。

 

 


ゲストが楽しそうにプロフィールムービーを見ている姿を想像して、作ってみてくださいね♫
案内役
案内役