貧困について考える

「君たちはどう生きるか」
吉野源三郎 著

この本には、
素晴らしい内容をわかりやすく書いてある。
とくに、貧困について書いてある場所は、
感動すら覚えてた。

少し抜粋しておこう。

「世の中で、大多数を占めて
いる人々は貧乏な人々だからだ。
そして、大多数の人々が人間らしい暮らしが
できないでいるということが、何よりも
大きな問題。」

スポンサーリンク

「世の中に貧困というものがあるために、
どれほど痛ましい出来事が生まれてきているか。どんなに多くの人々が不幸に沈んでいるか。また、どんなに根深い争いが人間同士の間に生じているか。」

「世の中の人が生きてゆくために必要なものは、どれ一つとして、人間の労働の産物でないものはない。」

世界中から貧困をなくし、
皆幸せに生きるには
どうすればいい?

私には何ができる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です