公立高校入試制度に思う

アインシュタインは
受験に失敗するも、
数学と物理のテストが最高点だったため、
翌年度、入学資格を得たそうだ。

ズバ抜けた才能がある人は、
社会のルールを越えて、
いつの時代も、何処かで、
認められるのかな。

私の地域の公立高校入試制度は、
内申点の割合が多く、
また、内申点の中でも副教科の割合が大きい。
得意科目を伸ばすよりも、
全体的にできる事が望ましいという考えでしょう。

好きな教科や得意な教科を
存分に学べる社会にならないかな。

凡人は、
凡人の中で社会のルールに従って
競争するしかないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です