ドラマ「アンナチュラル」いじめについて

石原さとみ主演のドラマ「アンナチュラル」が面白かった。
特に第7話いじめの回は心に響く。

息子たちに
「ドラマ一緒に見ようよ〜」と言うと、
「その1時間あれば、ゲームしたい。」
はい、母の思い終了、、、。

では、ここに書き記そう。

ドラマでは、いじめを苦に命を絶とうとする生徒に主演石原さとみが言う、
「あなたが死んで何になる?
あなたが死んでも、彼ら(いじめた人)は
転校し、名前を変え、何も無かったようにのうのうと生きていく。
あなたの人生はあなたのものだよ。」

スポンサーリンク

その通りだ。
命を絶っても、全く復讐にならない。

息子たちへ
もし、こんな四面楚歌な状態になったら、
逃げればいいよ。
逃げるには、沢山の方法があり、
賢く逃げる方法がある。
逃げるのが、恥ずかしい、負けたみたいだって。
じゃあ、違う言葉で。

「戦わずして勝つ。」 老子

賢者は知恵を使って勝つんだよ。
どうか、そんな時があれば親の知恵も参考にしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です